トップページ

教室の特色

プログラムの楽しさを伝えたい

子どもの頃から、私はゲームが好きでした。 なんだかスゴくて、楽しいものがある、ワクワクする世界を感じさせてくれたからです。 そしてあるとき、ゲームがプログラムで作られていることに気づきました。 自分でも作ってみたいと思うようになったのが、私がプログラムを始めるきっかけとなりました。

プログラムを自分の仕事として、もうずいぶん経ちますが、今でもプログラム作りは楽しいです。 ふと気がつくと、新しい技術が生まれていて、学ぶことは多いのですが、自分で作れる世界がドンドン広がるようで、止められないです。

私は組み込み系(IoT)と言われるようなプログラムも作っています。 そのためロボットに積める小型コンピュータのプログラムを作ることができます。 せっかく子どもたちにプログラムの楽しさを伝えるなら、自分で作ったロボットを、自分のプログラムで動かした方が、面白いに決まっています。 私たちの教室は、世界で1つだけのロボットを作り、そのロボットのためのプログラムを学ぶことができる場所です。

教室を開いた理由

自分が作ったロボットでおこなう競技

ロボカップジュニアは19歳未満の子どもたちが参加できる競技会です。 ロボットやプログラムは子どもたち自身で作ることが求められます。 ロボットはリモコン操作ができず、競技が始まったら終わるまで見ているだけです。 競技が行われているときも、大人との接触は禁止されるので、何か問題が起きた場合、自分で解決しなければなりません。

ロボカップジュニアジャパン・岡山ブロック

私はこの競技会が、子どものためにとても良いと思い、大会の運営に参加しています。 しかし、運営を手伝う中で、子どもたちがロボットやプログラムを学ぶ場が無いことに気づきました。 インターネットを探せば情報は見つかります。 ただ、どれを見ると良いのか、子どもたちも、その保護者の方も、よく分からない状態です。 よく分からないまま、試してみたものが失敗だったとき、それで興味をなくすかもしれません。

ロボットやプログラムに興味がある子どもたちも、このままでは大学で学ぼうと思ったり、仕事として考えないままになってしまいます。 これを解決するには、定期的に学べる場所が必要と思い、プログラミング教室を2017年6月に、現在の表町教室で開講しました。

興味を持ってもらう事が大切だと思うので、私が仕事で触れている技術の紹介なども、行っています。 iPhoneアプリを作成するSwift言語、Android(アンドロイド)アプリを作成するKotlin言語、RaspberryPiで良く使われているPython言語、AmazonAlexa(アレクサ)のスキル(アプリ)を作るJavaScript言語などです。

プログラミング言語

C言語

教室のロボットは「ロボカップジュニア」のサッカー競技に準じています。 そのため教材は、ロボカップジュニア・サッカー競技に対応したものを用意しています。 ロボットのキットも販売しているので、それを利用すれば自分だけのロボットに改良できます。 教室のロボットは、コンピュータにArduino(アルドゥイーノ)を使います。

ArduinoはC言語でプログラムを作ります。 私は、初心者にはC言語を薦めています。 理由は、プログラムの書き方が1つしかないからです。 数行で1つの機能を作るとき、C言語は1つの書き方になります。 これは他の人のプログラムを参考にするとき、とても大切なことです。 プログラムに慣れていないときに、いろいろな書き方のプログラムを見ると、迷ってしまい理解するのが難しくなります。

ツールの紹介

初心者向け

ブロック形式のArduBlock(アルドゥブロック)を使います。 キーボードの入力に慣れるまでは、これが使いやすいです。 ただ、ロボットに付けるセンサーが増えると、プログラムも長くなるので、そうなったら下のようなコードを入力するツールに変えます。

本家のArduBlockは古いので、NPO法人岡山ロボット技術子供育成協会で公開しているものが、良いと思います。

NPO法人岡山ロボット技術子供育成協会・開発環境

慣れてきたら
C言語

英数字をキーボードから入力します。 慣れてくれば、ブロック形式より、こちらの方がプログラムを作りやすくなります。

Arduino

ツールにこだわりたいなら
VSCode

VSCodeになります。 大人が使うツールなので、かなり高機能で便利です。 便利と思いますが、使いやすくカスタマイズしたくなるため、自分のPCを持つのが良いです。

VSCode

教材

教室で使う教材

子どもたちは、目の前にパソコンがあると、まず触ってみたくなるようです。 そのままにしておくと、教材をちゃんと読まずに作り始めてしまいます。 たとえそれで完成しても、大切な部分の説明を読んでいないので、プログラムを改良しようとすると、どうにもならなくなります。 そのため教室で使っている教材は、説明する部分と、それに対する問題という構成にしています。

問題は、説明部分を読めば回答できるようにしています。 問題は、説明を読んでもらうための仕掛けです。 説明部分は、文章だけでなく、絵も沢山いれています。 文章でうまく理解できなくても、絵で分かるようにしています。

教材サンプル
時間

教室の時間

教室は毎週、土曜日に開催しています。 時間は90分(初めの準備に10分、後片付けに10分を含みます) 時間帯は、以下の3つがあります。

  • 14:00~15:30
  • 16:00~17:30
  • 18:00~19:30

基本となる時間帯を決めていただきます。 もし都合が悪くなった場合は、日時を変更できます。 そのときはお手数ですがご連絡ください。

月謝

毎月の授業料

費用は月に2回のコースです。 その月に2回参加できなかったときは、翌月に持ち越すことができます。

月謝 6,600円(税込み)

また入会金(初月のみ)が必要です。

入会金 5,500円(税込み)

ロボットのキットを購入希望の方は、18,000円(税込み)で提供しています。 ロボットはキットになります。 教室の講座の時間を使って組み立てることができます。

 キットは電子回路の半田付けがあります。 教室には半田こてなどの道具が一式そろっています。 この道具は自由に使えるので、それを使い半田付けなどを行います。 小学校3年生で、初めて半田付けをする場合、全て組み立て終わるまで3時間ほどかかります。

体験会

体験会の参加は無料です

毎週、教室を開いているとき、体験会を受け付けています。 体験会に参加する費用は無料で、時間は50分です。 教室で行う講座と同じロボットを使い、ロボットをプログラムで動かす内容です。 教室に年齢制限はありませんが、小学3年生以上が良いようです。

小学1年生でもプログラムは楽しめますが、自分でプログラムを工夫しようと思うと、少し難しく感じるようです。 あまり難しく感じ、ロボットやプログラムが嫌いになるのは、避けてあげた方が、子どものためになるように思います。

申し込み

体験会の申し込み

地図

表町教室の場所

  • 住所 〒700-0822 岡山県岡山市北区表町1丁目10-17 2F奥
  • お車でお越しの方 事務所の駐車場はございません。 近隣の一般駐車場をご利用下さい。
  • 電車でお越しの方 JR岡山駅までお越し下さい。
    • 岡山駅から徒歩で15分ほどです。
    • 岡山駅から路面電車(東岡山線)の「城下」で下車。 表町アーケードを天満屋訪問(南)へ進み、徒歩3分です。
    • 岡山駅からバスで、天満屋バスセンター経由にお乗り下さい。 天満屋バスセンターから表町アーケードをシンフォニービル方面(北)へ進み、徒歩2分です。